グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  貸借取引について >  権利入札

権利入札


権利入札について

貸借取引を行うことのできる銘柄(制度信用銘柄)について株式分割等による売買単位の整数倍以外の新株式等が割当てられる場合、または新株予約権が割当てられる場合、当社は、当該銘柄の貸借取引(制度信用取引)の権利処理を行うため、権利落日に、当該銘柄の新株式について権利入札を行います。

この権利入札は、当社が貸借取引の担保として保有する当社名義の株式に付与される新株式等について、競争入札方式により売却を行うものです(注)。証券会社のほか一般の投資者も取引先証券会社を通じてこれに参加することにより、証券取引所における普通取引によらずご希望の価格で株式を取得することができます。
差引貸株超過の場合は、当社は権利入札により当該銘柄を買い入れることとなります。ここでは差引融資超過の場合について記載しています。
入札の日時は、通常の場合、権利落日の午前11時30分から12時00分までとなっております(投資者については取引先証券会社が必要に応じて定める締切時間までとなります。)。応札に当たりましては、応札株数および応札単価(通常の場合、10銭単位)等を明示のうえ、取引先証券会社を通じてお申込みください(当社へ直接申込むことはできません。)。なお、入札対象銘柄が多数となる場合または割当率が大きい銘柄がある場合等については、入札時間や応札単価等の取扱いを一部変更する場合がありますのでご留意ください。